週休3日・10時間勤務制導入の成功事例

介護事業所に週休3日・10時間勤務制を導入し、単月の正社員応募16名を実現!

全国の企業において労働環境の改善が必要となっている中、多様で柔軟な働き方の選択を可能とすることでワークライフバランスの実現、生産性の向上につながっていきます。
介護業界の人手不足については、昨今深刻な問題となっていますが、新たな働き方の選択肢として「週休3日・10時間勤務制導入」に取り組む、社会福祉法人幸知会 本部長山口昭夫氏にお話を伺いました。

山口昭夫氏

Q.週休3日・10時間勤務制を導入した背景を教えて頂けますか?

A.導入前の職員の働き方は1日当たり8時間×週5勤務、休日は1月あたり9日間でした。しかし夜勤業務があるので、丸一日休める日は実際に4日程度しかありません。採用サイトで求人が来ても。デイの希望が多く、特養やグループホームなど、夜勤がある職種への応募も全くありませんでした。そこで、仕事と休みの区別をしっかり取れる制度を構築することで、プライベートの充実、更に仕事へのモチベーションも上がるのではないか?と考え、週休3日・10時間勤務制の導入を決めました。

Q.週休3日・10時間勤務のメリットとはなんでしょう?

A.大きく4つありまして、結果、施設としての生産性が非常に向上しました。
1つ目は日々の業務において残業が減らせたという事です。8時間勤務時は朝方のピーク時などに慢性的な残業が発生しておりました。しかし、10時間勤務にすることで、ピーク時の職員充足が実現し、慢性的な残業が解消されたのです。
2つ目は業務の平準化が図れました。8時間勤務時は夜勤が16時間の拘束になってしまい、体力的にも厳しく、業務負担も大きくなってしまいます。しかし、10時間×週4勤務にすることで、早番・日勤・遅番・夜勤それぞれのシフト毎の業務負担・勤務時間のばらつきをなくすことができました。
3つ目は職員の公休が増える事です。週休2日(=8時間勤務)だと年間休日は104日しかありません。その中で、丸一日休める日も実際は半分くらいでしょうか。しかし、週休3日(=10時間勤務)にすることで、年間公休日が156日になり、丸一日の休みも月に7~8日間確保できるようになりました。職員の多くが毎月連休などを取得し、有効活用しています。
最後の4つ目は人材が確保しやすくなった事です。年間休日が156日取得できることをindeedに掲載すると、今まで人が集まらなかったのが嘘のように解消され、最高で単月あたり16名の正社員の応募がきました。また、年間休日156日に魅力を感じて、異業種からの応募も増えましたね。
これら4つのメリットで働きやすい環境だけでなく、採用しやすい体制も構築する事が可能となりました。

取材の様子

Q.週休3日・10時間勤務制の導入による、職員の反響はいかがでしたか?

A.実は導入前にアンケートを実施したのですが、当初は職員の3割が反対していたんです。やはり1日の労働時間が2時間程度長くなるわけですから、不安に感じる職員も多かったと思います。ですが、導入後に行ったアンケートには、「丸1日の休みが増えたので、旅行などの予定が立てやすくなった」や「体力的な心配はあったが、元々少し残業があったので、それほど長くなった感じはしない。休みの日とのメリハリがつけやすくなった」などの意見を頂いております。現在ではほぼ全職員が賛成してくれていますが、休日がしっかりと確保できて職員の笑顔が多くなったのが一番印象的ですね。

Q.今後の展開について教えてください。

A.当法人では、週休3日・10時間勤務制以外にも様々な取り組みを行っています。これからの介護業界はサービスはもちろんのこと、いかに質の高い人材を確保していくかが重要です。職員の採用、育成、定着・・・とテーマは様々ですが、これらを充実させることで、長く安心して働ける職場環境づくりを目指していきたいと思います。

社会福祉法人 幸知会

設立:1995年10月1日
職員数:150名
所在地:栃木県河内郡上三川町下神主229-6

栃木県で合計14事業所を展開。「トータスが、あなたの世界をおもしろくする」という言葉をホームページトップに掲げ、サービス品質向上、デジタル化、教育の充実などお客様のために、新しいと事への挑戦を続ける。
HP:http://tortoise-h.jp/

担当コンサルタント

植野 公介

小泉 勇貴
医療・介護キャリア採用チーム

主に介護業界における中途採用コンサルティングを提供しており、前職での経験を活かした現場密着型へのコンサルティングは定評。特にWebマーケティングを活用した中途採用コンサルティングを得意とし、その後の定着・育成までをサポートしている。

メールでのお問合せお電話でのお問い合わせ・ご相談 0120-958-270 〈平日10:00から18:00/土日を除く〉

経営コンサルティングの株式会社船井総合研究所が運営する介護・福祉事業の情報配信ハイト「介護・福祉経営ドットコム」です。多数の介護・福祉(障がい)コンサルタントが在籍、全国各地で即時業績アップを実現する中小企業のためのコンサルティングサービスを提供しています。
地域包括ケアシステムの確立に向け、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、老人保健施設、グループホーム、デイサービス、ショートステイ、小規模多機能型居宅介護、訪問介護、訪問看護、放課後等デイサービス、就労支援、障がい事業、老人ホーム紹介、訪問鍼灸など、幅広いコンサルティングサービスで地域一番化戦略を推進、業種特化の経営コンサルタントが企業(法人)の成長をサポートします。
介護・障がい事業の経営課題となる中期経営計画、新規開設、業態転換、入居率(稼働率)アップ、新卒採用、中途採用、外国人採用、人材定着、離職対策、幹部育成、人事評価制度、ホームページ作成、人材育成(研修・勉強会)、生産性向上、AI・IoT・ICT活用(システム導入)、経営効率化、新規事業開発、M&A、事業承継など、多数のコンサルティングサービスをご用意しています。専門コンサルタントにお任せください。
報酬改定や業界動向、船井総研が全国のコンサルティング現場から生み出したノウハウなど、即実践できる業績アップのための情報を介護・福祉・障がい専門の経営コンサルタントが定期的にメールマガジンで配信しています。無料で登録可能なメルマガですのでぜひご登録ください。船井総合研究所は初回の経営相談が無料です。経験豊富な経営コンサルタントがご対応します。