2018年報酬改定重点施策:「医療と介護の連携」の在り方・加算を再点検

保険制度改定 2018年 04月 16日

今回の診療報酬・介護報酬改定を両方から見てみると、「医療と介護の連携」をさらに加速させたい国の強いメッセージを感じます。そのため、これからはさらに、ケアマネジャーの活躍が重要になっていきます。

例えば、介護報酬では、「入院時情報連携加算」でスピーディな情報提供が評価されました。今まで、入院時情報連携加算(Ⅰ)では、入院後7日以内に医療機関を訪問して情報提供を行うことになっていましたが、改定後は、情報提供方法は問われず、入院後3日以内の情報提供が評価されるようになりました。また、入院時情報連携加算(Ⅱ)では、今まで入院後7日以内に訪問以外の方法で情報提供をすることとされていましたが、改定後は、情報提供方法は問われず入院後7日以内に情報を提供することが評価されます。単位数は(Ⅰ)・(Ⅱ)ともに変化はありませんが、この3日、7日には大きな意味があります。
というのも、病院側で取れる加算も入院後3日以内または7日以内に患者さんの状況を把握することが求められているからです。

また、「退院・退所加算」も同様です。今回の改定で、「退院・退所加算」は、連携1回・カンファレンス参加無が300単位から450単位へ、連携1回・カンファレンス参加有が300単位から600単位へ、連携2回・カンファレンス参加有が600単位から750単位へと評価が引き上げられました。
これに対して、病院側で取れる加算においても、ケアマネジャーが病院に赴くことがポイントのひとつとなっています。

今回の報酬改定では、必要な連携を徹底することで、①利用者へ質の高いサービスを提供する、②収益を増やす、③病院と良好な連携体制を構築するといったメリットがあります。
是非一度、このタイミングで加算の算定状況をご確認ください。

メールでのお問合せお電話でのお問い合わせ・ご相談 0120-958-270 〈平日10:00から18:00/土日を除く〉

経営コンサルティングの株式会社船井総合研究所が運営する介護・福祉事業の情報配信ハイト「介護・福祉経営ドットコム」です。多数の介護・福祉(障がい)コンサルタントが在籍、全国各地で即時業績アップを実現する中小企業のためのコンサルティングサービスを提供しています。
地域包括ケアシステムの確立に向け、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、老人保健施設、グループホーム、デイサービス、ショートステイ、小規模多機能型居宅介護、訪問介護、訪問看護、放課後等デイサービス、就労支援、障がい事業、老人ホーム紹介、訪問鍼灸など、幅広いコンサルティングサービスで地域一番化戦略を推進、業種特化の経営コンサルタントが企業(法人)の成長をサポートします。
介護・障がい事業の経営課題となる中期経営計画、新規開設、業態転換、入居率(稼働率)アップ、新卒採用、中途採用、外国人採用、人材定着、離職対策、幹部育成、人事評価制度、ホームページ作成、人材育成(研修・勉強会)、生産性向上、AI・IoT・ICT活用(システム導入)、経営効率化、新規事業開発、M&A、事業承継など、多数のコンサルティングサービスをご用意しています。専門コンサルタントにお任せください。
報酬改定や業界動向、船井総研が全国のコンサルティング現場から生み出したノウハウなど、即実践できる業績アップのための情報を介護・福祉・障がい専門の経営コンサルタントが定期的にメールマガジンで配信しています。無料で登録可能なメルマガですのでぜひご登録ください。船井総合研究所は初回の経営相談が無料です。経験豊富な経営コンサルタントがご対応します。